しまねスマイル 〜“素敵”に“自分らしく”そして“笑顔”で生活を送る島根の「笑顔の種(人)」を紹介します 〜
 
2010年より、日本プロバスケットボールリーグ「bjリーグ」への参入が決定したバスケットボールチーム「島根スサノオマジック」。島根県初のプロスポーツチーム誕生という話題性に加え、島根県では伝統的に盛んなスポーツなだけに、注目度も開幕が近づくにつれてうなぎ登り。そんなスサノオマジックの現在を、総括マネージャーの宮下博行氏に訊いてみた。
※ブースターとは・・・bjリーグを熱く盛り上げるファン。
スサノオマジックへの道
 平成19年5月、「島根にプロバスケットボールチームを作ろう」と結成された有志の会を契機に始動した、スサノオマジックへの道。こうした動きが起きたのも、島根が伝統的にバスケットボールが盛んな土地であったことが大きい。準備期間がわずか2ヶ月だったこともあり、この年のリーグ参入はならなかったが、期間中に2千人ものファンクラブ会員が集めることができた。
 落選直後から本格的に参入を目指し始めるが、「短期間で2千人を獲得したことが原動力ではありますが、プロ野球のオープン戦すら来ないという、プロスポーツ不毛の地という状況が、「何か」で大きく変われるんじゃないか?という発奮材料にもなりました」と宮下さん。

1万本シュート
地域との絆を強めた「1万本シュート」
 bjリーグが全国各地で成功している理由のひとつが「低コスト運営」で実現できること。野球やサッカーのような設備投資の必要がなく、既存の体育館で運営できるのがその大きな鍵。また、地域密着型プロスポーツという性質が、山陰の風土文化にマッチしている等をアピール、着実に行政機関から注目を集めるようになる。
 そこでさらに地域との連携を強めたのが「1万本シュート」イベント。これは県内各地を回り、参加者全員でシュートを打っていき、総計1万本を目指すという一大プロジェクト。
 「シュートが決まると得点認定カードをプレゼントするんですが、これが子どもたちに大人気で(笑)。また、各地のバスケ関係者とも直にお会いすることが出来て、より一層のネットワーク強化に繋がりました」。
 こうした草の根的な活動に加え、産学公民が一体となった組織づくりも開始。県知事を応援団長、松江・出雲両市長を副団長に、さらに地域に密着した応援体制を強化していく。
 他のプロスポーツの場合、試合を開催することが唯一の地域貢献となるが、bjリーグは地域の人々が直接参加できるのも大きな魅力。その特徴を最大限に発揮したのが、昨年9月27日におこなわれたプレシーズンゲーム。 (プレシーズンゲームとは・・・シーズンが始まる前のオープン戦。)
1万本シュート
1万本シュートは約3ヶ月で目標達成。その後も着々とシュート本数は増えている。

プレシーズンゲーム 東京アパッチと滋賀レイクスターズ
bjリーグ参入決定! そして…
 松江市総合体育館を会場に、東京アパッチと滋賀レイクスターズを招いておこなわれた試合には、早朝6時から開場を待つファンが大勢詰めかける盛況ぶりで、ハーフタイムには地元・松江の小学生のチアガールショーやブラスバント演奏など、試合を観戦するだけでなく、会場の全員が賑わいへ直接参加するというスタイルで喝采を浴びた。
 「他にも試合前のミニライブとか、館内に地元食品の販売ブースを設置するなど、盛りだくさんで開催しました。また選手と観客の距離も近いので、全国各地を転戦するだけも、島根の観光親善大使の役割を担えると思うんですよ」と宮下さんも語気を強める。
 予想を超える反響を呼んだのも、プレシーズンゲーム開催のひと月前にbjリーグへの正式参入が決定したことが大きく、この成功によって地域行政や企業から益々の注目を集めることになる。
 こうした追い風に乗り、運営団体を「株式会社 山陰スポーツネットワーク」へ移行し、チーム名も、一般公募により「島根スサノオマジック」に決定。さらにロゴマークも決まり、現在はマスコットキャラクターを募集中という。「チーム名、ロゴマークが決まったことで、より具体的な力が備わった感じです。3月にはくにびきメッセでスポーツフォーラムも開催し、さらなる普及啓発に尽力します」と熱い。
 気になる選手などのチーム編成については7月以降だという。「チームが固まるのは夏。それまでにマスコットやチアガールで各地のイベント等に参加し、さらに認知度を高めていきたい」。
 今秋、地元からの熱い声援を引っさげて、スサノオマジックが緒戦に臨む。
プレシーズンゲーム

株式会社山陰スポーツネットワーク


島根スサノオマジックでは、4月から県民の皆様で作り上げ
る応援団「ブースタークラブ会員」と、10月から始まるホーム
ゲーム開催の運営ボランティアの募集を開始いたします。
詳しくは島根スサノオマジックのHPにてご確認下さい!
島根県民・島根県出身の皆様の熱い応援よろしくお願い
します!
---------------------------------------------
島根スサノオマジック(株式会社スポーツネットワーク)
住所:松江市北陵町1番地 テクノアークしまね南館 G館
TEL0852-60-1866
http://www.probasket-shimane.com
現在実務を行うスタッフは5名。10月の開幕に向け忙しい日々が続く。
 

Beans Top> バックナンバー >Vol.35