高校生活3年間を松江市でお世話になり、第2の「ふるさと」と考えています。 定年後には、家族の大反対をよそに、単身でも松江市近郊で働きたいと思っています。
(大阪府堺市:Mさん)
初めて貴誌を手にし、充実した内容に感動しました。そして刺激を受けました。 視点を変えればたくさんの魅力があることを教えられ、もっと積極的に楽しみたいと思いました。                                  (島根県出雲市:Nさん)
Q. 農業に従事するにはどこに相談すれば良いのですか?
島根県では、就農相談の総合的な窓口として「島根県青年農業者等育成センター」((財)しまね農業振興公社)を設置しています。育成センターでは、就農先や農地取得、資金、農業技術習得、農地等に関 する情報まで幅広い相談をお受けします。
また、無料職業紹介事業も行っております。
なお、地域での相談窓口である「農林振興センター」と連携を取りつつ、就農を実現するためのお手伝いを行っています。

【総合的な窓口】
島根県青年農業者等育成センター((財)しまね農業振興公社)
 ・各種支援施策の紹介(農地取得、資金、技術経営習得研修等)
 ・研修先の斡旋
 ・農業に関する無料職業紹介
【地域の相談窓口】
農林振興センター農業普及部、市町村、農業委員会、農協
 ・営農計画の相談
 ・農地取得、就農支援施策、資金制度等についての助言
 ・研修期間中から就農後までの一貫した濃密指導

お問合せ先 島根県青年農業者等育成センター
((財)しまね農業振興公社内)

  〒690-0888 松江市北堀町15
  TEL:0852-32-2300
  FAX:0852-32-2300
  E−mail : center@agri-shimane.or.jp
Q. 林業に従事するにはどこに相談すればよいのですか?
  また、支援制度を教えてください。
【相談窓口】
  社団法人島根県林業公社の中にある「島根県林業労働力確保支援センター」が総合的な窓口となっており、
  ここで新たに林業に就業しようとする人たちに対する各種の支援業務を行っています。

【支援制度】
(1)林業就業促進資金融資及び償還免除
新たに林業に就業しようとする人たちに対して、移転費・機械器具等就業に必要な資金(150万円/人)や技術習得のための研修に必要な資金(5万円〜15万円/月/人)を 無利子で融資しています。特に、島根県では県独自の対策として、この資金の利用者が県内の林業認定事業主に10年間就業した場合には、資金の全額を免除する制度を設け て、林業に就業しようとする人たちへ支援を行っています。
※ 「認定事業主」/林業事業体改善計画書を作成し、県知事の認定を受けた事業主
(2)林業体験・現地見学の実施
新たに林業に就業しようとする人たちに対して、下草刈り・枝打・間伐等の森林作業を実際に体験する見学ツアーを毎年開催しています。
(3)相談業務と情報の提供」
支援センターでは雇用改善アドバイザーが林業への就業に関する各種相談に応じ、県内の林業事業体の雇用情報等についても提供しています。
(4)最近の動き
「林業就業支援講習」では、新たに林業への就業を希望する人を対象に、20日間の林業作業の講習や職業相談・生活相談等を実施し、円滑な就業を支援しています。
「緑の雇用担い手対策事業」では、本格的に森林の整備等を行うことができる能力を持った担い手の育成と確保を図るため、集合研修(支援センター研修)を1〜3年 実施し手います。なお、事業体ではOJT研修(職場内実地研修)が実施されます。

お問合せ先 島根県林業労働力確保支援センター
(社団法人 島根県林業公社 内 )

  〒690-0886 松江市母衣町55-4
  TEL:0852-32-0253
  FAX:0852-21-4375
  E−mail : shimane-roukakuc@forestry-shimane.or.jp
Beans Top> バックナンバー >Vol.32