おかえりなさい!! - 私はこうやって島根へのU・Iターンを実現しました

山奥だから付加価値の高い作物ができる若手を育成して地域農業を活性化したい

プロフィール

齋藤浩二さん
  • 年齢/38歳
  • 出身地/島根県吉賀町
  • 現在の住まい/島根県吉賀町
  • 現在の仕事
    農業
 

東京からUターンし農業にかける

 島根県の最西端、吉賀町。山裾に開けた田畑の一角に、大きなビニールハウスが連なっている。ワサビ栽培のハウスである。ワサビというと、清流の中で育てられているイメージが強いが、実は今はハウス栽培が盛んに行われている。ここ吉賀町の特産のひとつでもある。

 吉賀町にUターンし、ワサビ栽培を行っているのが齋藤浩二さんである。齋藤さんは現在38歳。6年前、東京から帰省し農業を始めた。稲作に加えて、夏場はミニトマト、冬場はワサビを生産している。
「長男なので親からも「帰ってきてほしい」と言われていたんですよ。でも、田舎に帰っても仕事があるかどうかわからない。だったら本格的に農業にチャレンジしてもいいかな、と思ったんです」。

 齋藤さんは、異色の経歴の持ち主である。高校卒業後の進路は警察官。その後、自ら広告代理店を立ちあげ、京都や東京で事業を広げてきた。その間、農業にかかわる機会は一切なし。Uターンを決意したとき、まずは農業を学ぶことからスタートした。そこで、力になってくれたのが、県の農業改良普及員だった。
「補助金のことや、さまざまな支援制度があることも知りました。また吉賀町で栽培に適した作物なども教えてもらいました。それが、ミニトマトとワサビだったんです」。

研究を重ねて生産を拡大

 齋藤さんは、農業改良普及員の紹介で埼玉県のミニトマト農家で1年間研修。その後、吉賀町のワサビ農家にてさらに1年研修した。
「トマト、ワサビともに言えることなんですが、とにかく土づくりが大切だということを研修で学びましたね。うちは、有機肥料のみで栽培しているのですが、苗を植えた時点で勝負が決まっているといっても、過言ではないです。研究が大事ですね。毎年10通りの肥料や栽培方法の工夫を試して、今の栽培方法に行きつきました」。

  1. ハウスの中で成長するワサビ
  2. 芽吹きはじめたワサビ
  3. 齋藤さんは愛犬と暮らしている。

 齋藤さんの研究の成果は、収穫量に見事に反映されている。近年の猛暑のおかげで、苦戦する農家が多い中で、齋藤さんのワサビは見事に夏をのりきり、年々収穫量を増やしている。また、高齢でリタイヤする農家から、ハウスを譲り受けたり、畑を借りたりして、1年目では25アール、2年目には65アール、3年目には85アールと、作付面積も増やし続けている。

自分の技術を若手に伝えたい

 齋藤さんは、今年から農業を学びたいという人を対象に(財)ふるさと島根定住財団が行っている「産業体験」の受け入れを行っている。自分も研修で技術を学んで来たのだから、自分もその技術を伝えて若手を育成したいという思いからである。
「農業は憧れでだけではできない仕事だと思います。でもやるだけ結果が出る仕事でもある。農業技術だけではなく、しっかり経営も学んでほしい。そうじゃないと、独立しても続けていけませんから」。

 そう語る齋藤さんは、中山間地の農業の可能性にも目を向けている。地域の特徴を生かした農業を、これからも研究したいと語る。
「全国どこででも作れる作物より、山間地でしかできない作物は付加価値が高い。「ここ」でしかできない、「ここ」の地形や気候を生かせる商品づくりが、地域農業の活性化の大きなキーワードになると思います」。

 12月に入ると気温も一気に下がり、冬場は雪対策に追われる。しかし齋藤さんのハウスの中では、未来への希望が着実に成長しているのである。

斎藤さんの今に至るまで

東京在住中にUターンを決意。島根県の農業普及員に相談し、支援制度などを学ぶ。
2001年、埼玉県さいたま市のトマト農家にて、1年間研修。
2002年、吉賀町に帰省し、地元のワサビ農家にて、1年間研修。
2003年、稲作、ミニトマト、ワサビの栽培をスタート。
2008年、(財)ふるさと島根定住財団の産業体験の受け入れをスタート。若手の育成に励んでいる。