BeanS BOX Q&A

●ご質問・お問合せは、巻末のハガキまたは下記まで
財団法人 ふるさと島根定住財団
〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
TEL 0852-28-0690 FAX 0852-28-0692
E-mail:shimane@teiju.or.jp

今年も都会の暑い夏を離れ、島根に帰ってきました。
のぞみから西へ向かって車窓から見る景色が緑の田畑、山々へ変わり、夜行ではありましたが、近づくふるさとに胸弾ませて列車を降りました。
ガソリン代の高騰を受け、遠く漁り火の数は減っていましたが、懐かしい思い出はよみがえってきました。
先日は早々に求人情報などをお送りいただきありがとうございました。
遠くにいてふるさとを身近に感じることができました。
同封しました本は昨年10月文芸社より出版しました。小さい頃の思い出、郷里を離れて感じてきたことなど、中には辛い体験もありましたが、振りかえってまとめてみました。
先日、財団のホームページを開きましたところ、Uターン紹介がたんぽぽの綿毛で、私自身の本のイメージとも合い、思わず微笑んでしまいました。
現在長男は、静岡県の浜松市にて漁師の見習いとして働いています。三男は農業系の高校に進学し、将来は酪農の希望です。そして、都会にはない自然と時の流れを好きになり、島根に引っ越したいと言うようになりました。
二男は療養中ですが、やはり自然が好きで島根へと思っているようです。
親はおかげさまで現在は元気に過ごしていますが、私自身の仕事やこれまでの経験から同居はしなくても近くにいる方が心強いのではと思っています。
正直言って30年近く離れていた郷里にもどることは、新しい地からの再出発であり、仕事など含めて不安をかかえています。
少しずつ島根の情報を得ながら子ども達と話し合って決めてゆけたらと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

名古屋市:加藤八雲さん