【オープン】平成14年:グリーンモール店、 平成18年:温泉津店、
          平成19年:広島店
  【代表】平下智隆
  【本店】島根県江津市嘉久志町2306-30 グリーンモール3F  0855-54-0395
  【スクール・採用問合先】
・・・ 島根県大田市温泉津町温泉津ロ200-1 0855-65-3010
  【従業員数】18人 【内容】中国の伝統手技・推拿によるリラクゼーション
  【HP】http://www.rakudo.co.jp
予防と癒しのための推拿(すいな)セラピー


健康の大切さを痛感し、予防医学のためのセラピーを事業化

 長い歴史を持ち、中国の病院では専門のセクションがあるほど生活に浸透している伝統手技、推拿。それを用いたリラクゼーションスポットが『楽土』だ。
 もともとは江津で化粧品の販売事業をしてきた会社。会長はそちらで成功を収めていたが、不運にも夫に先立たれ自身も胃ガンを患う。「体が健康でなければ幸福は得られない」そう痛感した会長は、健康な体を得るための“予防医学”に着目する。そして行き着いたのが東洋医学、それも中国医学だった。その中の推拿に没頭するうち、利益追求ではない、純粋に健康を提供する『楽土』をスタートさせることになる。

中国の予防医学を基にしたリラクゼーションを
湯治の一環として

 江津のショッピングセンター内の1号店に続き、温泉津温泉街に昨年出店。湯治場という場所がらが、リラクゼーションという目的に合致したのと、街並みの魅力、街歩きの楽しさを提供したいという街づくりの考えにも共感した。
 東洋医学の基礎、陰陽五行説で表される身体各部の状態をカウンセリングで確認し、自然治癒力を高めながら、身体のバランスを正常な状態に戻すための施術が推拿だ。
 『楽土』ではカウンセラー育成のため推拿の有料スクールを開催している。初級のカリキュラムは、理論20時間+手技40時間の計60時間で、集中10日間、週一、夜間など、自分のサイクルに合った学び方が選べる。一般も参加可能だ。カリキュラムが修了すると、アシスタントとして実地を学ぶが、スキルアップ希望者には中級スクールも用意されている。
 今年3月には広島店をオープン。推拿”を広めることで予防の意識を高めたいという理念に基づき、新規出店を計画している。

初級の推拿のスクールを受けていることが前提ですが、まずは自分が健康でいたいと思っていること。その上で、他の人も健康にしたいと考える人を待ってます。性別、年齢は問いません。健康を見守りつつ知恵を分けていく、そんな田舎のおばあちゃんのようなスタッフを目指しましょう!
BeanS topバックナンバーVol.24 》はなまるカンパニー