http://www.teiju.or.jp  
 
 
大和ラヂヱーター工業株式会社
 
【設立】昭和51年5月
【代表】木下元成
【本社工場】島根県浜田市金城町今福
【展開】札幌営業所、仙台営業所、東京営業所、名古屋営業所、大阪営業所、(販売会社)広島営業所、福岡営業所
【資本金】1億4280万円
【従業員数】138名(2005.12現在)
【内容】熱交換器及び、関連部品の製造・販売
【HP】http://www.daiwa-rad.co.jp/
 
 

-少量多品種生産の未来を盤石にする後継者の育成と新分野の開発-

 浜田市金城町に拠点を置き、自動車等の熱交換器、ラジエーター、コンデンサーなどの製造・販売を展開する「大和ラヂヱーター工業株式会社(以下大和R)」。元々東京で操業していたが、30年前、ゴルフ場開発に伴う誘致を受けて金城町へ移転。以来、事故などで故障した純正品の代替品(アフターパーツ)の製造販売を主力に、年々業績を上げている優良企業だ。
 大和Rの特徴は、古い形式の自動車や外国車などの入手困難なパーツにも対応する“少量多品種生産”であること。純正品と同等のクオリティで仕上げられる各製品は、熟練した職人の手作りという、高い技術力を擁する大和ならではの強みとなり、自動車メーカーを始め、各方面から注目を浴び、全国から多くの技術者が研修に訪れているほど。この強力な独自性が、今日の大和Rを支える大きな原動力になっている。
 また、理念として掲げるのが“共存共栄”。現在、人件費等の安い海外工場で製造された完成品(アッセンブリー)の流通が大半を占める影響から、“修理ではなく新品と交換”という考え方が業界に浸透し、国内の修理業界が衰退の一途をたどりつつある。技術力の低下にも繋がるこの悪循環に「これではいけない!」と、業界のアッセンブリー化に反し、使える部分の有効化や、樹脂製部品を工場内に設置したリサイクル設備で再加工するなど、修理業界に活力を注入する。
 そんな高い技術を必要とする業務だけに、重要となるのが後継者育成。 開発部門の強化とともに、30年目を節目に大和Rの新たな挑戦が始まっている。

 
 
 
これからは従来の自動車ばかりでなく、生産ラインの増設等、新しい分野への参入、業務の多様化を進めているため、企画力、提案力のある人材を強く求めています。また、技術の継承という意味でも、やる気のあるUIターン者の経験者にも、広く門戸を開いていきたいと考えています。
 
多様なケースに対応できる高い技術力が、大和エンジニア最大のセールスポイント。熟練スタッフが健在ないまこそ、次世代を担う人材の育成が重要になってくる。
BeanS topバックナンバーVol.20 》キラリ!しまねのユニーク企業