『地域との共生』のため、すべて廃棄物を利用した紙すきの体験授業を地元の小学校で行うことも。企画した社員が先生役だ。  
 
地球に、島根に、やさしい企業
アースサポート株式会社  ▼松江市八幡町

お客様からも地域からも社員からも必要とされる企業であるために
 「環境」をキーワードに躍進を続けるアースサポート株式会社。県内では、一般家庭や事業所の産業廃棄物処理の分野でトップシェアを誇り、ビルの清掃・管理や建築業にも進出。都市空間のトータルデザイナーを目指す総 合環境企業だ。この躍進著しい企業の特徴は「積極性」。それを象徴するように、この夏から本格的に事業展開するのが『SS‐セキュリティーBOX』だ。これは各企業の機密書類を一挙に溶解処理してしまう世界最高水準の新システムを導入しようというものである。「島根、鳥取、岡山、広島を一手に独占して取り扱い、今後の山陽進出につなげて行きたい」と37 歳の若き社長・尾崎俊也氏は語る。
 そして、企業を動かすパワーの根幹は「人」にあるという。「もともと新卒採用が少ない業界でしたが、私が人事の権限を持ってからは積極的に採用をしてきました。地元はもちろん、北陸から九州までのU・Iターン者が入社しています」と人材採用にも積極的。さらに、入社後も個人のレベルUPが図れるよう、資格取得費用は全額会社が負担する制度も導入している。「研修にもバリバリ行かせます。有能な人間に必要な対価を払い、更にウチで働きたいと思わせたいんです」と語る真剣な眼差しには、経営者として人に対する熱い想いが伝わってくる。
 もちろん「地域」への貢献も忘れない。地元の自治会との協力体制で、てんぷら油の廃油リサイクルを手がけたり、小学校に出向いての出前授業を行うなどの活動にも取り組む。「廃棄物処理会社はその存在だけで不安になるということを踏まえ、僕達から地域へ働きかけなければいけない」と細やかな気遣いも伺える。
 全てに「積極的に、熱く、一生懸命」。そんな尾崎社長が、この企業の元気な姿そのままを体現している。


※写真・・・今年8月末から運転を開始する新しいマシーンは、不燃ゴミからビニールなどを選別し、『RPF』という新型固形燃料を作りだしてリサイクルできる。またこのRPFの販売先もすでに決定している。

 COMPANY PROFILE
 アースサポート株式会社
  【設立】昭和38年【代表】尾崎俊也【本社】島根県松江市八幡町882-2
  【展開】支店(鳥取)、営業所(出雲、平田)【資本金】5000万円【従業員数】88人
  【事業内容】総合環境管理事業(総合リサイクル業、産業廃棄物収集運搬・処分業、
          一般廃棄物収集運搬・処分業、総合ビル管理業、解体業)
  URL/http://www.earth-support.jp/
 

BeanS topバックナンバーVol.17 》キラリ!しまねのユニーク企業