さばずし荒海に鍛えられ、身がギュッと締まった日本海の魚たち。これから晩秋から冬にかけては、さらに脂がのり、最高の海の幸を味わえる。中でも、浜田漁港で水揚げされるノドグロやマサバは、これから、いよいよ本格的なシーズンを迎える。
その浜田市周辺には、昔からサバ丸ごと1本をすしにする郷土料理が伝わっている。サバの頭と腸を取り除き、背割りにして塩漬けにする。それを今度は酢で締める。そして、皮をはぎ取ったサバの腹に酢飯をたっぷり抱かせるというものだ。見た目にも、また、実際に食べてもボリューム満点の逸品だ。さばずし食べるときに一口サイズに切り分け、好みでワサビ醤油をつけて食べてもいい。口の中で、サバのほどよい甘酸っぱさの締まったサバと酢飯が絶妙な味わいを醸し、喉元を過ぎていく。一つ、また一つと、つい食欲をそそり手が出てしまう。
このほかサバは、浜田市周辺の秋祭りの一品として登場するおからを挟んだものや、御飯と一緒に炊き込んだ漁師の大漁祝い丼にと活躍する。しかし、「さばずし」こそ、郷愁を誘う郷土料理の代表格と言っても過言ではない。
ふるさとうまいもん便り
ふるさとうまいもん便りバックナンバー》
Vol.14 Vol.13 Vol.12 Vol.11 Vol.10 Vol.9 Vol.8 
Vol.7 Vol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1 

BeanS topバックナンバーVol.9 》ふるさとうまいもん便り