石正美術館
  島根県那賀郡三隅町大字古市場598 TEL.0855-32-4388 http://fish.miracle.ne.jp/sekisho/
-

入館料/一般500円 高校大学生300円 小・中学生200円
開館時間/午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
(金曜日は午後9時まで。ただし、入館は午後8時30分まで)
休館日/毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)年末年始(12月28日〜1月4日)

本物の芸術作品を通じて「感動する心」を味わえる美術館。
「石正美術館」のある三隅町は、日本を代表する画家石本正氏の出身地。その石本正画伯から町に作品の寄贈の申し出があり、美術館誕生の運びとなった。「流行にとらわれない、山々に取り囲まれた自然、日本の古い寺院建築やヨーロッパの中世教会などの雰囲気を活かした親しみのある美術館であってほしい」という画伯の強い思いを反映し、設計を平城宮朱雀門、薬師寺伽藍復元をした京都大学名誉教授金多潔氏に依頼。完成した美術館は、鉄筋平屋一部2階建ての閑静な雰囲気をたたえた美しい建築物に仕上がっている。石本正画伯は、現京都市立芸術大学に入学後、在学中に召集。復員後に人物や風景を描き、第3回日展で「三人の少女」が初入選。その後、創造美術展においても入選し、昭和61年に描いた「桃花鳥」は、文部省買い上げとなった。そして、昭和64年から中世ロマネスクの文-化と芸術を追求し、足繁くイタリアに通った。「石正美術館」は、常に「本物の感動を追求する心」を持ち続ける画伯の作品に出会える、国内でも貴重な美術館だ。四季を通じて多くの野鳥が訪れる中庭には、画伯が制作の際に聞かれるというショパンやバッハの名曲が流れ、絵と語り合いながら心が癒されるスポットとしてもリピーターが多い。決して肩肘を張ることなく、何度でも訪れたくなる美術館だ。

スポット紹介バックナンバー》
Vol.14
 Vol.13 Vol.12 Vol.11 Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7 Vol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3  Vol.2 Vol.1 

BeanS topバックナンバーVol.9 》島根の注目スポット紹介