島根の注目スポット 島根県立三瓶自然館「サヒメル」
  島根県大田市三瓶町多根1121-8 TEL .0854-86-0500 URL.http://www2.pref.shimane.jp/sanbe/
ご利用案内
入館料/特別企画展開催時(4/18〜8/31):大人600円・小中高校生200円
上記以外の期間:大人400円・小中高校生200円
天体観覧料/大人300円・小中高校生100円
開館時間/午前9時30分〜午後5時(4〜10月の土曜日は午後6時まで)
休館日/月曜日(休・祝日の場合は翌日休館、夏休みは毎日開館)、 年末年始(12月29日〜1月3日)、9・12・3月の第1月曜日〜金曜日までの各5日間

縄文時代の姿そのままに巨大埋没林が蘇る!
三瓶山の豊かな自然をそのまま博物館にした三瓶自然館「サヒメル」に、この春新館が誕生した。島根の自然や絶滅動物の紹介、天体観察施設など展示内容がさらにパワーアップ。中でも最大の話題は、縄文時代から地中にひっそりと眠っていた「三瓶小豆原埋没林」の展示だ。三瓶火山から噴出した火砕流により、約3500年もの間、生きていた時の姿そのままに直立状態で埋もれていた巨木を、2階から4階までの吹き抜けで展示し、埋没林の成因や調査結果などを分かりやすく紹介している。また、「フィールドガイド」コーナーでは三瓶自然館周辺の自然について学習ができ、「環日本海の自然」コーナーでは、島根の地下資源や成り立ち、絶滅動物などを標本や映像・パネル展示などで詳しく紹介している。そして、5階の「天体観測」コーナーには、4台の小型天体望遠鏡で昼間の太陽観察ができる「集団天体観測室」と、口径60cmの大型反射望遠鏡で迫力ある天体観測が楽しめる「反射望遠鏡ドーム」があり、毎週土曜の夜には天体観測会を開催する予定だ。楽しく遊びながら学べる自然館「サヒメル」で、古代の日本海や三瓶山の自然、天体などの知識をグレードアップしよう。

スポット紹介バックナンバー》
Vol.14
 Vol.13 Vol.12 Vol.11 Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7 Vol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3  Vol.2 Vol.1 

BeanS topバックナンバーVol.7 》島根の注目スポット紹介