ユーアイターンドリーム 安部 哲也
パーソナルデータ
石川 真之介さん

出身地/出雲市  住まい/埼玉県越谷市→出雲市
職場/(株)ビーアイージーグループ

平成9年4月U・Iターン登録→平成11年4月Uターン
大阪で生まれ、小学4年生から出雲市で育つ。高校卒業後、大阪に本社のある大手証券会社に7年間勤務。平成11年4月出雲市にUターンし、10月に現在の会社に入社。人事部係長として、主に社員採用の業務を担う。個性を尊重し実力を重視する社風のもと、世界を視野に入れた情報通信産業界の先手をとる業務展開に、充実した日々を過ごしている。 -

島根から
世界を見つめて仕事をする

「ふるさとで一花咲かせたい、という気概もありました」。Uターンを決めた動機に、安部哲也さんはこう付け加えた。
 安部さんは、小さいころから証券マンに憧れていた。それは、素早い手振りで取り引きをする証券マンの姿がテレビに映し出されるたび、彼らが日本の経済を動かしているという格好良さを感じたからだ。高校卒業後、大阪に本社がある大手証券会社に入社。総合職として、営業マンのスケジュール管理や証券管理などを任され、本社勤務を振り出しに、広島、大分、東京と転勤も経験。日本経済の一端を担うという自負もできた。しかし、長男だからいずれは島根に帰りたいと考えていた安部さんは、7年間務めた会社を退職し、平成11年4月帰郷。新しいスタートに賭けた。
安部さんがUターン就職を決めたのは、「みんなでBIGに、ハッピーになろう」を合い言葉に成長を続ける、株式会社ビーアイジーグループ。携帯電話の販売ショップを全国展開し、デビットカードなど電子商取り引き事業や、携帯電話を使ったネットサービス事業など、新たな情報通信ビジネスを展開する企業だ。「本社が松江市にあることも決め手の一つ。都会地ではなく、この島根から、世界に向かって情報を発信することの意義は大きいですからね」と、安部さん。人事部係長として、主に社員採用の業務を担当する。
それぞれの個性とポリシーを尊重し、チャレンジ精神みなぎる職場は、平均年齢24歳という若いスタッフで、徹底した実力主義に基づく人事も推進している。また、一人ひとりが経営者的感覚を持ち、斬新なアイデアや企画を練ってトップに提言するなど、やりがいも抜群だ。
しかし、入社したてのころ「自分の意見はどうなのか」と上司に問われ、戸惑ったことがある。なぜなら、「仕事とは、個人の考えではなく、会社のマニュアルに沿って進めるものと思っていたから」だと、安部さんは笑った。そして、入社2年目の今、実感することは、Uターン・Iターンを希望する場合、それまで積み上げてきた自分の実績をあてにしたり過去の気持ちを引きずることなく、勇気を持ってゼロからの新たなスタートをした方が、その後の喜びや飛躍も大きいということだ。
日々進化する情報通信産業の中にあって、会社とともに確実に前進し成長していきたいと考える安部さん。「日本規模で考えるだけでは面白くない。我が社も世界市場を相手にする時期が来たと思っています」。
安部さんの新たな挑戦が、この島根から世界に向かって始まっている。


先輩社員に聞きました。
平成11年12月、我が社の株式が店頭公開となりました。その際、社員持ち株会の担当として、安部さんの知識や経験は、仕事をスムーズに進める上で大変助かりました。安部さんは、何ごともよく考えて行動し、誠実に一つ一つの仕事を進める人です。即決力という点では課題があるようですが、これからも、チャレンジ精神を具体化し、ともに前進していけたらと思います。
-

石川 真之介さん
U・Iターンドリームバックナンバー》
Vol.14 Vol.13 Vol.12 Vol.11 Vol.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7 
Vol.6 Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1 
 
お気に入り島根
毎日通勤のために通る立久恵峡(たちくえきょう)は、私の大好きな場所の一つ。四季折々、絶景と呼ぶにふさわしい美しさを見せてくれます。転勤でいろいろな土地に住んだおかげで、より島根の良さが分かったような気がしましたが、Uターンして特に感じたことが、空気がおいしいということ。また、就職するまでの半年間に手伝った我が家の農作業も、泥まみれになることが新鮮で面白かったですね。
-

BeanS topバックナンバーVol.2U・Iターンドリーム